6歳の私が出した答えの進化はできるのか?

おぐち しのぶ

おぐち しのぶ


好きなものは好き!と言いたい
だから
「片づける事を選んだ」


今日も雨ですね。。。

最近【今の自分を作ったのは何か】と考える時間が多いです。
ふとしたきっかけで考えるので
心の奥底では
「ゆっくり考えたい」のかもしれない.
ちょっと、忙しくしすぎちゃったかな^^;


自分を振り返ると必ず思い出すのは
「人間関係」

正直、上手ではないです^^;

今でも、怖い。
流石に、大人としての対応は上手になったと
自分でも思いますが・・・^^;

その昔、、ひと昔?ふた昔?
小学1年生の頃!
6年生のお姉ちゃん2人にいじめられていました。

その当時は「これいじめだ」なんて思ってなかったですよ^^

それは、朝、集まって学校に行く『集団登校』の時に起きてたんです。
学校に行くまで「6年生に蹴られながら登校」は当たり前でしたし
集団下校になった日は「帰り道にランドセルが重くなる」ものでした。
「ランドセルが重くなる」のは・・石を詰められていたから^^;
※これ、最低レベルの話ね。


しかし、お母さんは泣き虫なのでこんな話言えないし。
家の前に空き地があったので
そこで石を捨てれば良いわけで。
なんとかなっていたのですが。。。


ある時から、朝、起きられなくなったんです。
先生やお母さんは「早く起きれば良い」
「気持ちの持ちよう」と励ましてくれましたけどね^^

そんな時に思っちゃったんです。ちいさい私が(笑)

疲れちゃったんだ


でも、大人にはそんなこと言えないですよね。
なので、なんとか行くように頑張って。
行くために「楽しい時間とそうでない時間がある」と
決めたんです。

ま、それが結果、今の私にも通じてまして 笑


最近では「そうでない時間」はなぜ必要なのか?
全ての時間を「楽しい時間」と思うことは可能なのか?

なんてことまで考えてたりします。
あ、暇なのかな?私(笑)
忙しいとか暇とか、どっちなんでしょね(笑)


6歳の私が頑張って見つけた答え。
ちょっと進化して考えるのも面白ろそう^^
ゆっくり考えてみます。

子供

スポンサーサイト



ライフオーガナイザー暮らし生き方自分三重県おぐちしのぶ
Posted byおぐち しのぶ

Comment 0

There are no comments yet.